髪の毛コラム

髪のためにしっかり栄養を補給しよう!バランスのとれた食事とは?

投稿日:

髪の毛はシャンプーなどでケアするのももちろん大事ですが、
体の内側からもしっかりケアすることがとても大切。

髪のために必要な栄養素と食事の方法についてご紹介します!

シャンプーやヘアケアなどではなく食事から見直す

髪を育てる「髪育」の第一条件はなんといっても「栄養」としっかりと取ること。
シャンプーをどんなに良いものをつかっていたとしても、髪の毛に栄養が行き届いていなければ何の意味もなくなってしまいます。

では、そもそも髪に必要な栄養とは一体何なのでしょうか?

▼髪に欠かせない栄養素

・タンパク質
タンパク質には動物性たんぱく質(肉や魚、卵など)と植物性たんぱく質(大豆、ピーナッツなど)があります。
どちらも働きは同じなのですが、植物性たんぱく質よりも動物性たんぱく質の方が吸収率が高い特徴があります。
ですが、植物性たんぱく質はコレステロールを下げる働きがあり、どちらにもメリットがあるのでバランスよく摂取したいところです。

・ミネラル
ミネラルは髪にとってとても重要です。これが不足すると細胞分裂がスムーズに進まないからです。
髪質を守るためにミネラル欠かすことができないので、意識的に摂取しましょう。

ミネラルはわかめなどの海藻類に多く含まれているので、「髪にわかめが良い」と言われているのはこれが理由です。

お味噌汁にわかめを入れるなどして、しっかりとミネラルを補給しましょう。

・ビタミン
タンパク質の代謝を助ける役割をもち、更に髪の成長を促すのがビタミンB。
ビタミンCはタンパク質の構成を促進し、抗酸化作用もあります。
ビタミンEは血流を良くし、ビオチンは毛細結果を太くしてくれるので血流が良くなります。

ビタミン類は髪を美しくするためには欠かせない栄養素なので、満遍なく摂取することで相乗効果を得られるのです。

・抗酸化成分
生活習慣病、老化を促してしまう「活性酸素」は髪にとっても天敵です。
活性酸素を抑えるための抗酸化成分はビタミンCやビタミンEの他、緑黄色野菜やトマトに含まれるリコピン、緑茶のカテキン、ベリー類のアントシアニンなどで摂取することができます。

普段から野菜を摂取することを意識しつつ、ブルーベリーなどでアントシアニンを摂取することも大切ですね。

髪の毛に栄養を与えるために注意すべきこと!

注意

それぞれの栄養素を摂取することは大切なのですが注意して欲しい点が1つあります。
それは「寝る前の食事はNG」ということです。

基本的に夜はエネルギーの消費が少ないので、食べたものがそのまま死亡として蓄積されやすいためです。
特に夜10時以降の食事は要注意。

寝ているときに消化活動をしてくれるのですが、眠りが浅くなってしまい睡眠の質が落ちます。
これが原因で肥満になってしまうこともあり、髪の毛にダメージがあるだけでなくマイナスのダブルパンチを食らってしまうことにもなりかねません。

食べるものだけでなく、食べる時間にも気をつけて規則正しい生活を心がけることをオススメします。

>>>髪の毛を外側から綺麗にする!SNSでも話題のわたしのきまりの口コミと詳細<<<

-髪の毛コラム

Copyright© 【わたしのきまりの口コミと効果】話題のシャンプーを1週間試した結果が衝撃! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.